健康づくり

西地区『憩いの家』健康すいすい

健康すいすい水曜日2022年6月22日(水)

ラジオ体操ウォーキング憩いの家~グリーンロード~万博外周道路

~(ショートコース)憩いの家

~阪大構内~南春日丘住宅道路~憩いの家

朝に降っていた雨もあがり、午後からは雲間から差し込んでくる陽射しもまぶしく、蒸し暑さの中でのラジオ体操ウォーキングとなりました。今日が今期最後のラジオ体操ウォーキングとなり、7月8月は熱中症防止など高齢者の健康に配慮しての夏休みとなります。

早速、憩いの家の庭でラジオ体操を行いました。今期最後のラジオ体操ウォーキングであることや、いつもの様に、皆さん方がお茶などをお持ちか、また、いつもより短い距離のショートコースを希望される方がいらっしゃるかの確認をしました。今日はショートコースを希望される方が3名いらっしゃいましたので、スタッフ3名がついてのショートコースも実施することになりました。全員、同じコースを歩きますが、ショートコースは途中からの引き返しになります。今日の参加者は15名です。

全員でグリーンロードへ出て西に向かいました。途中の樹木に何羽かの鳥が飛び交っていました。お一人がメジロだと言われました。目の周りが白くウグイス色だったようです。万博外周道路のところで、ショートコースの方たちは引き返され、憩いの家へと帰って行かれました。通常コースの方たちは、万博外周道路に出て、まずは日陰でお茶休憩をとりました。小休憩の後ウォーキングを再開し、阪大構内に入りました。木蔭並木のゆったりとした構内道路を歩き、サイバーメディアセンター前を右に折れて小路に入り、池の睡蓮の赤い花を見ながら竹林に向かいました。

竹林の散策路に入ったところでお茶休憩です。いつもの様に散策路の擬木の柵に腰をかけての休憩です。散策路全体が木蔭で覆われ、涼しさからなかなか腰が上がらず、10分ほどの休憩になりました。

竹林を抜けた建物横に白い大きな花を付けたタイサンボクの木が2本ありました。花の大きさに感心していると、赤いふわふわの花を付けた合歓木も見つけました。葉っぱを触ってみましたが、葉は閉じないようでした。昼間は葉は寝ないで、夕方閉じるそうです。

再び歩き始め、工事中の医学部附属病院横を通り構内を出て、南春日丘を通り憩いの家に帰ってきました。途中、真夏によく見かけるノーゼンカズラの花が塀から流れるように咲いているところがありました。畑には、緑色の大きなトマトがなっているところもあり、収穫を楽しみにされているだろうと思いました。憩いの家に帰ってくると、ショートコースの方たちは既に解散されたようです。コップ一杯ずつよく冷えたお茶をお出しすると、「ああ、おいしい!」「すっとする!」と、皆さん一息つかれて帰って行かれました。気温が30度を超えて、さらに蒸し暑さからか、体も疲れました。もうこの暑さでは高齢者の日中のウォーキングは限界のように思いました。

午後1時半にラジオ体操を始め、3時15分頃に帰着し解散しました。約9,000歩、約1時間半のウォーキングでした。皆さん、今日もお話しながらのゆっくりウォーキングを楽しまれました。今季最後のウォーキングなので、9月にまたお会いしましょうと挨拶を交わしながら帰って行かれました。

西地区 『憩いの家』健康すいすい

健康すいすい水曜日(ラジオ体操ウォーキング)2022年6月15日(水)

憩いの家~グリーンロード~桜ヶ丘住宅入口(往復/ショートコース)

~ゴルフ場横路(往復)

今朝降っていた雨もあがり、午後からのラジオ体操ウォーキングは曇り空の下での実施となりました。コロナ禍の中で5月第2週から再開されたラジオ体操ウォーキングは、徐々に皆さんの足取りも強くなってきていますが、7月8月は熱中症防止など高齢者の健康に配慮して夏休みとなりますので、今期は今日と来週を残すのみとなりました。

そんな中、憩いの家の庭でラジオ体操を行いました。いつもの様に、皆さんにお茶などをお持ちですか、それと、いつもより短い距離のショートコースを希望される方はいないですかと確認しました。今日はショートコースを希望される方が3名いらっしゃいましたので、スタッフ3名がついてのショートコースも実施することになりました。全員、同じコースを歩きますが、ショートコースは途中からの引き返しになります。今日の参加者は12名です。

全員でグリーンロードへ出て東に向いて歩きました。茨木カンツリー俱楽部入口の前を通り、桜ヶ丘住宅入口に着き、お茶休憩をとりました。ショートコースの方たちは、ここから引き返されました。

残りの方たちでフルコースのゴルフ場東端横路へ向かい、朝の雨で濡れた枯れ落ち葉を踏みしめながら、緑の木々に覆われた小路を歩きました。途中、もうすっかり上手になっているはずのウグイスの鳴き声にケチョケチョという鳴き声が多くて不思議でした。ひょっとして自分たちの縄張りに余計な大群がやってきたことを怒って威嚇していたのかもしれません。また、ゴルフ場のネットに穴が開いているのを見て、「ここから侵入した人がいたのだろうか、その割にその外側にしっかりとしてネットもあることから、何回も侵入を防ぐように工夫されているのだろう」と話していました。他に、弁天様の裏山につながる自然林の中では、野宿してもわからないのでは、という話もでたり、いろんな想像をしながら歩いていました。

池の前まで進み、お茶休憩を取りました。小休憩の後、ここで引き返すことにし、元来た路を歩きました。ゴルフ場横路を抜け、グリーンロードを西に、桜ヶ丘住宅入口を経て、茨木カンツリー俱楽部入口前を通り、更に西に歩き、憩いの家に戻ってきました。コップ一杯ずつでも冷たいお茶をお出ししようと思いましたが、今日は暑くなかったせいか、それとも急がれていたためか、皆さん、お茶は飲まれず帰って行かれました。

やっと憩いの家に帰って、ふと庭の芝生を見ると、庭石昌とは違う可愛らしいピンクの花が咲いていました。ネジリバナというラン科の花で、芝生や湿地帯の明るい場所に普通に見られる多年草ですが、2本生えていました。見ていると疲れが取れて、ほっとする優しさを感じました。

午後1時半にラジオ体操を始め、3時10分頃に帰着し解散しました。9,000歩弱、約1時間半のウォーキングでした。皆さん、今日も談笑しながらのゆっくりとしたウォーキングを楽しまれたようです。今日も元気に歩かれた充実感で帰って行かれたことでしょう。

西地区 『憩いの家』健康すいすい

健康すいすい水曜日 2022年6月8日(水)

ラジオ体操ウォーキング憩いの家~南春日丘道路~万博東口前広場~くるくるプラザ前(往復)

今日はふわふわの雲が出ていて、お日様が雲に隠れると陽射しも和らぎます。

憩いの家の庭でラジオ体操の後、皆さん方にお茶などをお持ちですか、いつものコースがきつくないですか、いつもより短い距離のショートコースを希望される方はいないですかと確認しました。ショートコースを希望される方は今日もいらっしゃいませんでしたので、今日も全員で万博公園東口方面へと、一時間半弱コースのウォーキングに出かけました。いつもは憩いの家から東方面か西方面を目指して歩くルートですが、今日は南方面を目指す初めてのコースです。本日の参加者はスタッフも含め9人です。

(南春日丘の南側から見た松沢池と家々です。山の稜線もくっきりと見えます。)

(ゴミネットの片づけ方が美しく気になりました。家庭から出るゴミの扱い方にも美しさが必要だと感じました。)

行きは憩いの家南側の春日丘八幡宮隣りの春日丘公園を横断して南春日丘に入り、住宅道路を経て万博道路に出て、万博公園東口前広場に着きました。涼しい風が吹いてきて、歩いて暑くなった体には心地よさを感じます。木蔭を選び、樹木用花壇の立ち上がりの所に腰を下ろし、しばらくお茶休憩です。涼しい風の通り道のようです。もう少し座っていたかったのですが、初めてのコースに所要時間も考慮して、そこそこに休憩を切り上げて、ウォーキングの再開です。

(休憩している時に、自転車に乗っている方が不思議そうに見ていかれました。)

(木陰を大木が作ってくれていました。)

(花に雑草も混じっていて、手入れはされているけれど、自然感もある植え込みが目を楽しませてくれました。)

(右手には、観覧車が見えます。)

更に進んで、吹田市資源リサイクルセンター、通称くるくるプラザの付近までやって来て、そこからは陸橋に上がり、引き返しました。

最初にゴミネットが気になりましたが、リサイクルセンターにたどりついて、物が循環していく道筋を歩いたような気がしました。

万博記念競技場がある万博公園東口前広場まで戻って来ましたが、休憩を求める声も無く、皆さんお元気のようです。引き続き歩いて南春日丘に入り、行きとは違った道を通り、最後は階段のある近道を経て、春日丘公園を横断し、憩いの家に帰って来ました。コップ一杯ずつ冷たいお茶をお出ししました。皆さん少しお疲れだったのかも知れませんが、さわやかに帰って行かれました。

午後1時半にラジオ体操を始め2時50分頃に帰着し、解散しました。約1時間半弱のウォーキングでした。皆さん今日もお話しながらのウォーキングに遠足気分の楽しいひと時を過ごされたことでしょう。暑い中でも参加してこそ味わえる、すがすがしい充実感だったことと思われます。

西地区『憩いの家』健康すいすい

健康すいすい水曜日 2022年6月1日(水)

ラジオ体操ウォーキング実施記録(憩いの家~春日丘八幡宮沿い道路~阪大構内~南春日丘住宅内道路~憩いの家

もう今日から6月です。雲も出ていて晴天では無いですが、それでもこの時期の陽射しは体にこたえます。

暑い暑いと思いながら、ふと芝生の上を見ると小さな植物が咲いています。憩いの家の横のところにはドクダミの白い花も群生していて、元気な植物を観察していると楽しくなります。上の左側の長い草はチガヤです。夏を呼ぶ草、邪気を祓う草と言われています。6月30日の夏越しの大祓のためにくぐる神社の大きな茅の輪はチガヤの葉から作られます。右の小さな黄色い花はコメツブツメクサ(キバナツメクサともいわれる)です。皆さんが集う前に、前回ご紹介した庭石昌と共に、小宇宙を彩る花々に心を寄せていました。

憩いの家の庭でラジオ体操の後、皆さんお茶などをお持ちか確認しました。それと、いつものコースがきつくないか、いつもより短い距離のショートコースを希望される方はいないかも確認しました。ショートコースを希望される方はいらっしゃいませんでしたので、今日も全員、阪大北門入口から構内を歩く1時間半弱のコースのウォーキングに出かけました。本日の参加者はスタッフも含め11人です。また、スタッフ1名は憩いの家で待機です。

行きの道は先週と同じの憩いの家南側の春日丘八幡宮沿いの道路を西に進み、万博外周道路に出て、阪大北門入口から構内に入ります。憩いの家を出発して、やや速めのスピードで歩き始めました。時々、大丈夫かなあと後ろを確認します。大丈夫なようです。少し速い目のスピードではありますが、皆さん方、遅れずに付いて来ています。万博外周道路に近づいて来た頃には、少し後ろが離れるようになったので、スピードをやや落としました。万博外周道路に出た所の日陰でお茶休憩にしました。

日陰のお茶の時に、前方にモノレールが走っていました。小休憩後、再び歩き始め阪大北門入口から構内に入りました。構内のメイン通りを歩いてサイバーメディアセンターの前でトイレ休憩ですが、皆さん方のほとんどがトイレは大丈夫なようです。サイバーメディアセンター向かいの池には先週と同様に、赤い睡蓮の花がいくつか咲いていました。池の前から、少し先の竹林の中の散策路まで移動し、竹林の木蔭で休憩をとることにしました。

いつも眺める睡蓮を右手に、ヨシを左手に見ながら橋を渡るのですが、この池は犬飼池というそうです。なぜその名がついたのか調べてみたところ、それについては出ていませんでしたが、ため池としての池の底の土や水を採取して調査をしている映像がありました。吹田市では自然の動植物、生き物の生態系を調査しているのがわかりました。

池の前から、少し先の竹林の中の散策路まで移動し、竹林の木蔭で休憩をとることにしました。竹林の散策路に入る階段の所で、滑らないように注意の声掛けをしました。先週お一人が、路に積もった竹の枯れ葉に足を滑らせ転倒されましたが、大事無かったので、やれやれでした。注意が必要です。階段を上り散策路の擬木の柵に腰を下ろし小休憩です。木蔭の中での涼しさや心地よさに、なかなか腰が上がりません。

休憩中には、鳥の声がよく聞こえます。中のお一人が姿は見えないから、何の鳥かわからないねとおっしゃったので、上の方を見ていると見えるよとお伝えしました。こちらがじっとしていると、鳥の方も安心してだんだんそばまで寄ってくることがありますと言いながら上の木漏れ日を見上げると、たくさんの小鳥が見えました。鳥にしてみたら、木々の上の世界は安全で、人間とは違う世界ですから、人間に見えにくいところで自由に飛び交っています。よく一人で自然の中で、スケッチなど長いことしていると、危険を感じないのでしょう!知らないうちに何羽も鳥がそばにいることがありました。以前禅宗のお坊さんが、そのものになり切ってみるということをお話されたのを聞いたことがありますが、ひょっとして鳥がやって来るというのは、自分がこの自然の中の風か草か木かになっているのだろうかと思ったものでした。

ようやく腰を上げ歩き始めました。竹林の散策路を抜け、工事中の病院横を通り構内を出て、みかん園の横を通り、南春日丘の住宅内道路を経て、憩いの家まで無事に帰ってきました。コップ一杯ずつお茶をお出ししましたが、元気に帰って行かれました。

帰り路、お庭で見事な花を育てておられる家に遭遇しました。クジャクサボテン、カラー、アマリリス、ゼラニウムのびっくりするほどの明るい色が目に飛び込んできました。今回もウォーキングによって、お互いの健康を感じることもできましたし、たくさんの自然の息吹に接することができ、暑くても気持ちが良かったです。午後1時半にラジオ体操を始め3時に帰着し、解散しました。約1時間半弱のウォーキングでした。

西地区『憩いの家』健康すいすい

健康すいすい水曜日 2022年5月25日(水)

ラジオ体操ウォーキング実施記録(憩いの家~春日丘八幡宮沿い道路~

阪大構内~南春日丘住宅内道路~憩いの家

5月も下旬ということで気温も高く、陽射しも強くなってきました。憩いの家の庭でラジオ体操の後、皆さんお茶などをお持ちか確認してウォーキングに出かけました。本日の参加者はスタッフも含め12人です。

帽子だけでは防ぎきれない強烈な陽射しに、日傘をさして歩く方も増えました。

今日は先々週と同じ阪大構内を歩くことにしました。

行きの道は先々週の憩いの家北側のグリーンロードではなく、南側の春日丘八幡宮沿いの道路を西に進み、万博外周道路に出て、阪大北入口から構内に入ります。

憩いの家を出発してしばらく歩くと、もう少しスピードを上げても大丈夫との声が入り、少しスピードを上げました。時々、大丈夫かなあと後ろを確認します。

大丈夫なようです。少し速い目のスピードですが、皆さん遅れずに付いてきています。後ろからの声で、余りゆっくり過ぎると体の横揺れが大きくて、痛めた腰がしんどいとの声もありました。歩き慣れている方は、体の横揺れはあまりなくスムーズです。再開後のウォーキングでは、そんな参加者の歩き方が回を追うごとに少しずつ進歩していくのを感じます。

万博外周道路に出る所の日陰で、お茶休憩をとりました。熱くなっているので、こまめな休憩が必要になりそうです。

再び歩き始め、阪大北入口から構内入り、構内のメイン通りを歩いてサイバーメディアセンター前の池を見ると赤い睡蓮の花がいくつも咲いていました。モネのジヴェルニーの庭では睡蓮の池に木々の影が映っていますが、ここでは四角い建物が映っています。直線が加わる事でイメージがだいぶ違うと感じました。

目の前の竹林の木蔭で休憩をとることにしました。暑さからか、池は早々に切り上げ、竹林の散策路に入りましたが、途中の階段で、お一人が転倒です。ヒヤリとしましたが、大丈夫なようで一安心です。路に積もった竹の枯れ葉が滑り易いので、注意が必要です。階段を越えた散策路の擬木の柵に腰を下ろし小休憩です。木蔭の涼しさの中、おしゃべりがはずみ、なかなか腰が上がりません。

ようやく腰を上げ歩き始めました。竹林の散策路を抜け、工事中の病院横を通り構内を出た所で、足を引きずるような歩き方の、少し疲れた方が一人いるので、スピードを落としてほしいとの声から、スピードを落としました。阪大構内のどこを歩いているのだろうという声がありました。たまたま地図を見つけたので、写真で撮っておきました。阪大構内を北から東へと歩いているのが、地図を見るとよくわかります。

みかん園の横を通り南春日丘に入り、住宅内道路を通り憩いの家まで無事に帰ってきましたが、お一人が疲れたと憩いの家の庭の椅子に座り込まれていました。コップ一杯ずつ冷えたお茶をお出ししましたが、元気に帰って行かれました。午後1時半にラジオ体操を始め2時50分に帰着、3時に解散しました。約1時間半弱のウォーキングでした。