ライオンズクラブと災害時における協定を締結!

6月8日、茨木市社協では、ライオンズクラブ国際協会335-B地区 茨木ライオンズクラブと、「災害時におけるボランティア支援に関する協定」を締結した。
社協とライオンズクラブとの災害時における協定は、大阪府内で5番目となる。
これは、茨木市内において、地震、風水害その他の災害が発生した際に、本会が設置する「災害ボランティアセンター」等の設置・運営や災害ボランティア活動等に向けた支援が迅速かつ効果的に行われるよう、相互に情報連携しながら同協会335-B地区 茨木ライオンズクラブからの人的・物的な支援の提供を受け、災害支援を行っていくための重要な協定となる。
 本協定締結式は、茨木市社会福祉協議会会長室(福祉文化会館4階)で行われ、本会からは福井紀夫会長が出席し、同協会335-B地区 茨木ライオンズクラブの代表ある大﨑邦治会長が協定書に調印した。